こんにちは!
銀座院より梅木です

昨日のブログで永田先生がわかりやすく
胎盤の大切な役割について書いてくれましたが
今日はそんな胎盤によるトラブルについてお話します

sanka_s[1]

 

前置胎盤

通常は子宮の上の方にできるはずの胎盤が
子宮の出口付近にできてしまう状態です。
痛みもないので検診のときにわかる方がほとんどです。
経過をみて位置が上に上がってくる方もいらっしゃいますが、
変わらない場合は帝王切開でのご出産となるようです。

胎盤機能不全

栄養を運ぶはずの胎盤がうまく機能せず、
赤ちゃんが栄養不足・酸素不足になってしまう状態です。
予定日を過ぎると胎盤は役割を終えて、
機能が落ち始めるのですが、
予定日よりも早い段階で胎盤機能不全になった場合は
程度や週数によっては入院・出産となるようです。

常位胎盤早期剥離

胎盤が子宮からはがれてしまう病気です。
胎盤がはがれると、赤ちゃんに酸素や栄養が届かなくなってしまい
非常に危険な状態になります。
また、ママの身体も血が固まりにくくなることで
臓器不全を起こしてしまうこともあるようです。

高血圧の人はリスクが高いので要注意です
急激な腹痛や大量の出血があった場合はすぐに病院に連絡しましょう。

癒着胎盤

ご出産されると子宮の収縮する力で
胎盤も赤ちゃんの後に出てきます。
しかし、子宮に癒着してしまうと
胎盤が上手に出てこないため、
人工的に剥がすことになります。
赤ちゃんには影響はありませんが
ママは出血量が多くなりますので負担が大きくなります。
ですが、出産されるまでは診断が難しいそうです

 

ざっと、代表的なトラブルをご紹介しましたが
赤ちゃんとママを結ぶ大切な役割を果たしているだけあって
大きなトラブルにつながることも多いですね

高血圧や糖尿病、貧血などがあると
リスクが高まってしまうようです。

体の不調も
小さなマイナートラブルのうちに解決するように
心がけましょう

お困りのことがありましたら、
是非天使のたまごにご相談ください

 

 

母になる!を支えるマタニティケアの新領域

天使のたまご

ホームページ / オフィシャルFacebook

パソコンからのご予約 / スマホからのご予約
お知らせ

天使のたまご横浜元町院が7月より月曜定休となります。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承いただきますようお願い申し上げます。
銀座本院

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

自由が丘院

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

横浜元町院

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
口コミサイトispot

札幌院

北海道札幌市中央区北1条西4丁目1-1 三甲大通公園ビル2F
口コミサイトispot

藤原亜季マタニティケアリストスクール

マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
CALINESSE (キャリネス) 】