天使のたまごスタッフが妊娠中に起こりやすいトラブルの解説や対処法、産後や女性にまつわるお身体のトラブルなどを書かせていただいております。少しでも、皆さまのお役に立てますように・・・
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • »
  • 【お産を迎えるママへ】陣痛促進とは?自宅でできるセルフケアのご紹介

【お産を迎えるママへ】陣痛促進とは?自宅でできるセルフケアのご紹介

陣痛誘発と促進について知っておきたいこと

『分娩誘発』とは自然に陣痛が来る前に子宮収縮剤などを用いて、陣痛を開始させることです。

また、自然の陣痛が弱いために分娩の進行が停滞するときにも子宮収縮剤を使用しますが、これは『陣痛促進』といいます。

通常は母体からホルモンが分泌されて自然に陣痛が起こります。

では、どんな時に陣痛誘発・促進を行うのでしょうか?

子宮収縮剤ってどんな時に使うの?

子宮収縮剤は「陣痛誘発剤」「陣痛促進剤」とも呼ばれています。

・妊娠高血圧、胎児の不調などのために早く分娩となった方が母児にとっても安全と考えられる場合

・予定日を過ぎても(妊娠41週6日になっても)陣痛が始まらない場合

・陣痛が微弱となり、分娩が進まない場合

このような時に陣痛促進や誘発を行います。

子宮収縮薬には、オキシトシン、プロスタグランジンF2α、プロスタグランジンE2の3種類があります。ですが、現在は量を調節しやすいオキシトシンを使用することが多くなっています。

オキシトシンは点滴で少量から入れていきます。子宮を収縮させる働きがあり自動的に陣痛を作り出してくれます。

プロスタグランジンは収縮させる働きが強くあります。錠剤となっており、1時間に1錠を1日6回まで行うことが可能ですが、陣痛が始まり次第飲むのをやめて様子を見る方が良いと言われております。

子宮収縮剤には、副作用があるためなかなか踏み出せないというお声をいただくことがあります。
それでも早く出産したいと願うママに自然に陣痛を促進してくれる食べ物や運動をご紹介させて頂きます。

(引用:湘南藤沢徳洲会病院 陣痛の誘発と促進)

 

なるべく早く出産を希望するママへ

自然分娩がご希望のママ、胎児の大きさにより早く出産したいと望むママなど理想の出産は人それぞれです。

子宮収縮剤以外で陣痛促す効果のある食べ物や生活習慣をご紹介させていただきます。

1.食べ物

パイナップル

陣痛を誘発する可能性のある食品のひとつにパイナップルがあります。

パイナップルに含まれるブロメラインが陣痛が始まる前に大切な子宮頸管を柔軟にしてくれる働きがあると言われています。

100%果汁のジュースや、スムージーで摂取しやすくするのもオススメです。

レッドラズベリー・リーフティー

ラズベリーリーフは、バラ科のキイチゴ属に分類されています。

ラズベリー・リーフの働きとして、フラガリンという成分が含まれており、これには子宮や骨盤周りの筋肉を緩めてくれる働きがありますので、生理痛やPMS(月経前症候群)の軽減効果もあります。

お産の時もお腹に力が入ってしまうのを、緩めてくれる働きがあるのでいいお産にもつながります。産後に飲んでいただくと母体が順調に回復したと助産師さんの中でも話題となっております。

ラズベリー・リーフそのもので飲むのが苦手な方は緑茶と相性がいいので、割って飲んでいただくのもオススメです。

(備考:ラズベリー・リーフの効果)

2.効果的な生活習慣

汗をかいて体を温めることにより陣痛が来たというママさん達が多かったのでこちらをご紹介させて頂きます。

ウォーキングなどの有酸素運動

ウォーキングは気軽にできる有酸素運動のひとつです。

ウォーキングをすることにより体が温まり、胎児が下に下がりやすくなると言われております。実際に出産の1週間前からウォーキングや早歩きをして、胎児が下に降りてくるイメージで歩いて陣痛が来たという声もありました。

ウォーキングをする際は、水分補給をこまめに行い、傾斜の少ない安全な道を選びましょう。

目安として1日60分程度がおすすめですが、お身体の調子に合わせて行うましょう。

(参考:医師監修の運動の方法)

階段昇降

階段を昇り降りする事で体が温まり汗が出てきます。体が温まると胎児も下に下がりやすくなるので、まずは家の階段やアパートなどにお住いの方はエレベーターではなく階段を使用しつつ、安全に手すりを持って行ってみてくださいませ。

入浴

体を温めると循環がよくなりお産が進みます。また、リラックス効果もあるので、体がのぼせない程度に入浴もお楽しみください。

3.陣痛促進を手助けしてくれるツボのご紹介

陣痛促進に効果的なツボを紹介させて頂きます。

①三陰交

陣痛促進や安産に効果があり、温めてあげることで痛みをやわらげるとも言われているツボです。

【場所】内くるぶしから指三本上にあり、温めることにより冷えにも効果がございます。

②次髎

腰にあるツボであることから、骨盤内の血行を良くし腰痛にも効果があります。

【場所】お尻の割れ目の上・背骨の終わりに逆三角形のかたちの仙骨があります。その仙骨の骨の両脇に、へこみがたて4つに並んでおり上から2番目のへこみです。左右対称に2箇所になります。

上記のツボを鍼やお灸で刺激することにより陣痛促進のサポートをすることが可能になります。痛気持ち強さで3〜5秒押してみてください。

天使のたまごでは陣痛促進の施術も承っております!

天使のたまごでは妊娠37週以降の正期産に入られた方に、鍼灸を用いて陣痛促進のお手伝いをさせていただいております。

天使のたまごでは、臨月に入り、もういつ産まれてもいい状態になりましたら鍼やお灸、アロママッサージを用いてリラックスしていただきつつお腹の張り感をだして、陣痛に向けての準備を行います。カウンセリングではご自宅での過ごし方などもアドバイスさせていただいております。

お産に向けて全力でお身体のサポートをさせていただきますので、お悩みがございましたらお気軽にご相談くださいませ。

天使のたまご公式ホームページもぜひご覧ください。

まとめ

初めはお食事、運動など始めやすいものからお試しくださいませ。

お腹の張り感やおしらせが来たら陣痛が来る合図となっております。

リラックスして過ごしていただくことで赤ちゃんも産まれてくる準備をしてくれます。

いつお産を迎えても良いよう万全の準備をしてその日を迎えましょう!

 

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

新宿杉山産婦人科院
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F
しんきゅうコンパス

恵比寿駅前広尾レディースクリニック院
東京都渋谷区恵比寿1-12-1 CRD Ebisu 1stビル5F 広尾レディース内
しんきゅうコンパス

神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

PAGETOP