■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

- 今月のイベント情報 -
今月もいろんなイベント目白押し!皆さまぜひご体験くださいませ。

 

 

image

 
<産後ケアサロン定期開催>

 

10/23・30(木)【元町院】ベビーマッサージ講座

 

10/24・31(金)【元町院】助産師による母乳ケア&育児相談

 

 

 

 

<産後ケアサロン開催イベント>

 

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

おはようございます!
吉見です。

10月も下旬ですね。
ということで、トラブル月間後半戦です。
今週は、妊娠後期の悩み事についてお話していきます

さて、後期にもなると段々と分娩のことを意識し始めます。

医学の進歩とともに、分娩スタイルも多様になりました。
後期になると、ママと胎児の状況をみながら病院の方針に沿って、
出産方法を選択していきます。
(もちろん始めから決めている場合もあると思いますが)

無痛や和痛、自然や帝王切開・・・etc

どんな分娩スタイルを選択したといえど
やはり不安はつきものです。
妊娠出産って命がけの行為ですものね

だからこそ、妊娠期の過ごし方は大切です。
適度な運動や適切な体重管理、定期的なケア
そういった習慣は分娩時のリスクを減らすと言われ
さらには続けることで余計な不安を払拭するための鍵になります。

何かすることによって安産につながるなら
少しずつでも取り入れていきたいですね。

■おいくつですか

突然ですが、皆さん
身長はどれくらいでしょうか。

もし、150センチ以下のミニモニ選手ならば少し注意が必要です。

なぜならば一般的に、ママの身長が150センチ以下の場合は骨盤が小さことが多いのです。

■児頭骨盤不均衡

身胎児の頭がママの骨盤より大きく成長すると、
赤ちゃんはママの骨盤を通ることができません。
そのことを児頭骨盤不均衡(CPD)(じとうこつばんふきんこう)といいます。

骨盤を抜け膣を通ることが不可能なため、分娩方法は帝王切開となります。

■低身長のママはみんな帝王切開なの?

ですが、そこの小柄の可愛い妊婦さん。
150センチないからと言って、帝王切開だと決めつけないで。

確かに、ママが小さいと骨盤も小さいことが多いとはされていますが
CPDと診断するためには、ママの骨盤と胎児の頭の大きさに不均衡が存在すると証明する必要があるんです。
そのために、レントゲンをとったり、いくつかの超音波検査を組み合わせて行ったり
検査を重ねるんですね。
しっかりとした証明がとれない場合は
試験分娩といって実際に分娩に挑戦してみます。
注意深く経過を観察し、
CPDと判断されれば帝王切開となります。

とはいえ
「<案ずるより産むが易し>とはこのことか!」とういう状況もあり
試験分娩からそのまま出産にいたることも、とても多いそうです。

身長が150センチ以下の小柄なママは
帝王切開の確率が高いかもしれませんが
経膣(けいいちつ)分娩で出産できる可能性だってあるんですね。

お産に向けた体づくりも大切なわけですね

明日も出産間近に注意したいトラブルについてお話していきます

みなみちゃん
よろしくお願いしますo(〃^▽^〃)o

今日も一日、笑顔で行ってきましょう

マタニティ&ママのための鍼灸マッサージ院

 女性のための漢方アロマテラピーサロン
治療院&サロンのホームページはこちら

ご予約・お問い合わせ代表番号

03-3563-1045
【銀座本院】
【自由が丘院】