「夏のつわりは悪化する」なんて聞いたことはありませんか?
本日は夏のつわりについてのお話をさせていただきます。

「つわり」の画像検索結果

つわりとは?なぜ起こるの??

まず、つわりとは妊娠初期に起こる不快症状のことで、半数以上の妊婦さんが経験するといわれています。
・吐き気や嘔吐などが起こる“吐きつわり”
・空腹になると気持ち悪くなる“食べつわり”
・匂いに敏感になる“匂いつわり”
・唾液の分泌が多くなる“唾液つわり”など
症状は人によって様々です…

参考 田中病院

妊娠5~6週頃から症状が出現し、多くの方が妊娠12週~16週頃までに自然に消失すると言われています。

そして、つわりの原因は諸説ありますが、はっきりとしていないのが現状です。

東洋医学的には、赤ちゃんは熱の塊と言われており、熱は上に上がる性質を持っているため、
胃の気の流れと合わさって熱が上がることで気持ち悪さが起こると言われています。

夏に悪化するのはなぜ?

さて、ここからが本題です。
なぜつわりは夏に悪化するといわれているのか…

つわりの時は、赤ちゃんがお腹の中にいることで、
身体の体温調節がうまくできず、胃の熱を下げることができなくなり、熱が身体の上の方に上がってきてしまうのぼせの状態が多いのです。

そのうえ夏は気温も上がり、さらにのぼせの状態が悪化することに。

また、つわりの時期は水分を取りたくても気持ち悪くなってしまいなかなか水分がとれないなんて方も多いと思います。
そうして水分をとることもできなくなると脱水症状になってしまうことも…

つわりの対策は??

余分な熱が上に上がりのぼせることによってつわりは悪化するため、
胸元や首の後ろにアイスノンなどを当てて熱のバランスをとってあげると気持ち悪さは軽減します。

また、水分をとるのが辛いという方に、
天使のたまごグループキャリネスの漢方ハーブティーをオススメしています!

鉄分やミネラルなどが豊富に含まれ、ミントのさっぱりとした味わいが感じられるノンカフェインのハーブティーです!

その他にも
・氷をなめてみたり
・食事の中でスープを多く飲んでみたり
・水分の多い野菜をとってみたり
などでも水分を摂取することができます。

つわりの時期はまだ胎盤が完成しておらず、ママが妊娠前に蓄えていた栄養で赤ちゃんは成長します。
なので、この時期は栄養バランスは気にせず、食べられる時に食べたい物を取りましょう。
・冷たくして食べる
・少量を何回かに分けて食べる
などの工夫をしてみると食べやすくなります。

参考 公益社団法人日本産婦人科学会『HUMAN+』

天使のたまごでできること

また、当院ではつわりに効果的な鍼灸とマッサージを組み合わせた、
・鍼灸オイルマッサージコース
・鍼灸指圧マッサージコース

で吐き気や気持ち悪さを止め、胃腸の調子を整えていくこともできます!

つわりは“休めのサイン”でもあります。
お辛い時は無理せずお身体をしっかりと休めましょう。
そして天使のたまごでリラックスしてみませんか?
妊娠中の大事なお身体をしっかりとケアさせていただきます。

何か気になる症状などございましたらお気軽にご相談くださいませ。

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

新宿杉山産婦人科院
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F
しんきゅうコンパス
恵比寿駅前広尾レディースクリニック院
東京都渋谷区恵比寿1-12-1 CRD Ebisu 1stビル5F 広尾レディース内
しんきゅうコンパス
【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

湘南鎌倉バースクリニック店
神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売