皆さまこんにちは!

自由が丘院から鈴木がお送りいたします。

 

今日は妊婦さんに気を付けていただきたい「リンゴ病」についてお話ししたいと思います。

リンゴ病といえば、小さいお子さんがかかるイメージが強いですよね。私も保育園の時にかかり、ぽっぺが真っ赤になった覚えがあります

 

りんご病は、正式名称「伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)」といい、「ヒト・パルボウイルスB19」というウイルスが原因で発症する感染症です。

ほっぺたに蝶の羽のような紅斑が現れるのが特徴で、その様子がりんごのように見えることから、この名前がつけられました。

 

もっとも感染しやすい年齢は5〜9歳で、次いで0〜4歳が多く、ほとんどの人が子供のときに感染するといわれています。rinngobyou

一度感染すると抗体が作られるので、大人になってから感染することはないといわれていますが、感染したことがない人やきちんと免疫が作られなかった人は、おとなになってからでも感染することがあります

子供がかかると「紅斑」が現れますが、大人でかかってしまうと紅斑も出ず、微熱で済んでしまうことがほとんどだそうです

しかし、まれに重症化することがあり、紅斑が出て関節の腫れ・痛み、頭痛などが現れます。

関節の痛みがひどくなると数日間は歩けなくなるほどに。

感染してから症状が現れるまで10-20日と長いため、感染したことに気づかず、拡大するケースもあるそうです。

 

妊婦さんが感染をするとお腹の赤ちゃんに「胎児水腫」と呼ばれる深刻なトラブルを引き起こす恐れがあるといわれています。

ヒト・パルボウイルスB19は、赤血球のもとになる「赤芽球」という細胞に感染します。
このウイルスが赤芽球を破壊すると、妊婦さんの体内では一時的に赤血球ができなくなります。
そして胎盤への血液供給がうまくいかなくなり、胎盤を経由して赤ちゃんにも感染。
赤ちゃん自身の赤血球も減少して胎児貧血を起こし、さらに重症化すると体内に水がたまって全身がむくみ胎児水腫を起こしてしまうのです。

 

りんご病は、妊娠初期に感染するほうが胎児の異常による流産を引き起こしやすいといわれています。
しかし、妊娠中期・後期での胎児感染が起きるとの報告もあるので、妊娠中は継続的な予防が大切です。

妊娠を希望する、あるいは妊娠がわかったら、りんご病の免疫があるかどうかを調べてみるとよいでしょう。

免疫がなかったときは感染を防ぐために外出時はマスクをして、家に帰ったら手洗いうがいを徹底しましょう

子供が多く集まる場所で感染が広がりやすいので、なるべく子供たちの側には近づかないなどの心がけも必要かもしれません。

上の子供の送り迎えで幼稚園や保育園に行くときは、マスクを着用し、手洗い・うがいをしっかりしましょう。

残念ながら現在はリンゴ病にかかってしまった場合、自宅で安静に良くなることを待つしかないようです。
熱や頭痛が酷い場合には妊婦さんでも飲めるお薬がありますので担当の先生に相談してみるといいでしょう。

もちろん、その間にも赤ちゃんのことが心配ですよね。

一般的に、感染してから最低10週間は、週に1~2回の超音波検査をすることが多いようです。赤ちゃんに影響が現れる場合は、感染後しばらくしてからなので、長い期間様子を見る必要があるとのこと。

妊娠週数が33週を過ぎている場合は、様子を見ながら早めに出産をして治療を行う選択肢も取ってくれる場合があるようなので、担当の先生に相談をしてみてくださいね。

今回ご紹介したリンゴ病の多くは感染しても重大なことにはならないことが多いそうなので、感染してしまっても過度に心配する必要はあまりないようです。しかしかからないことには越したことはないですので、特に保育園や幼稚園に通っているお子さんのいらっしゃるママさんは感染予防をしっかりとしましょうね!