本日は食事に関してお伝えいたします。
ご妊娠中のお食事はママのためにも赤ちゃんのためにもとくに気をつけなければならないことが多く、好きなものを我慢しなくてはならないこともあります。

控えなければいけない食べ物、飲み物とその理由についてご説明いたします。

妊娠中に控えなければいけない理由

これからご紹介する食べ物、飲み物に共通することは、食中毒になりやすい、カロリー過多、ご妊娠中は免疫力が落ち、普段よりも食中毒にかかりやすくなると言われています。
また、食中毒になってしまってもご妊娠中に飲めるお薬は限られてしまいますし、
食中毒に伴う下痢症状によってお腹に力が入ることが増えると子宮の収縮にもつながるので、
赤ちゃんへの影響もないとは言えません。

生魚

 

魚に含まれる水銀の影響

まぐろなどの大きな魚にはメチル水銀が含まれ、胎盤を通して赤ちゃんに運ばれてしまう可能性があると言われています。

お腹のなかの赤ちゃんは メチル水銀が作用をおこすという神経系が発育中なので特に影響を受けやすい上、体内の水銀濃度がお母さんよりも高くなってしまいます。
赤ちゃんはお母さんの身体の中から取り込んだ水銀を身体の外に出すことができません。そのため、メチル水銀の過剰な摂取は控えたほうが良いと言われています

寄生虫がいるかも
サケ、サバやさんまなどの青魚にはアニサキスという寄生虫がいることがあります。気がつかずに食べてしまうと下痢や嘔吐、激しい腹痛などの症状が出てしまいます。
スーパーなどで販売されているものは大抵心配ないですが、やはり注意が必要です。
どうしてもという時は食べる時に魚の中心までしっかり火を通すこと(70°以上または60°なら1分)が有効です。

かつおや鯛、アジなどは含まれる水銀の量が比較的少ないといわれていますので、
この場合でも、なるべく新鮮なものをお選びいただくことが大切です。

頻度を考えてうまく妊娠生活に取り入れていけるといいですね。

 

(引用:厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-hoken/ninpu-02.html)

生肉

ご妊娠中はホルモンバランスの乱れや睡眠不足、つわりによる栄養の偏りなどさまざまな理由で免役が下がってしまい感染症にかかりやすくなります。

生肉・生ハムは妊娠中に起こりやすい食中毒としてトキソプラズマ症リステリアがあります。

トキソプラズマ症は生肉など過熱が不十分のお肉を食べることにより感染します。ママだけではなく、お腹の赤ちゃんにも運動や精神発達の遅れ・視覚障害などが起こることがあるので注意が必要です。この感染症はママの感染時期によって赤ちゃんへの影響は異なります。

リステリアは加熱していない肉や魚のパテ、生ハム、ナチュラルチーズなどで感染を引き起こします。

特に赤ちゃんへの影響が大きく、早産や新生児の髄膜症、敗血症などを起こすことがあります。

リステリアは冷蔵庫の中でも増殖するので安心はできません!!

トキソプラズマ症とリステリアに共通してることは流産や早産を引き起こす可能性が高まることです。

もし、生肉をうっかり食べてしまっても100%感染するわけではありません。
心配な場合は感染を防ぐお薬もあるようですので病院に相談して検査を受けましょう。

 

(引用:厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000055260.html)

加工食品

お惣菜やインスタント食品、お菓子には食品添加物が含まれているほか、手軽に食べれるため過剰なカロリー摂取をしてしまいます。

例えば、チョコレート1枚は300Cal前後、ハンバーガーは300Cal~500Cal前後になります。

体調が安定しない時や自炊ができない時は必ずあると思います。その時は、栄養バランスを考え塩分、脂肪分を摂り過ぎないように意識しましょう。

生卵

卵の殻には食中毒を引き起こすサルモネラ菌が付着している場合があります。

サルモネラ菌は直接胎児に影響することはないと言われていますが、食中毒になった場合は嘔吐、下痢などの症状を引き起こします。下痢になってしまうと腸が激しく動き子宮の収縮するため流産になってしまうケースも考えられます。卵は必ず洗い卵を触った手もしっかり洗いましょう。

60°で20分以上の加熱で死滅するのでゆで卵として食べるのがおすすめです。

香辛料

よくお食事で使う妊娠中に気を付けたいハーブ

①パセリ
パセリの葉をたくさん食べると子宮収縮を起こしやすいと言われております。
日本では、葉の状態でたくさん食べる習慣もないですし、粉末状のものが多いので何かにかける程度でしたらもちろん大丈夫です。

②ラズベリーリーフ
ラズベリーリーフは子宮の収縮作用や骨盤の周りの筋肉を緩める作用があると言われています。産後は母乳の出を良くしてくれるので、37週以降は取り入れていただくことをおすすめします。

しかし配分量によって効果が異なり、ご妊娠中に微量のラズベリーリーフを摂ることで貧血の予防や情緒が安定する効果もあります。ご妊娠中に少しも摂ってはいけないわけではないので、どのくらい含まれているかを必ず確認しましょう。

③ヨモギ

ハーブの女王とも呼ばれているヨモギ。
ヨモギは、一般的に食用にされているものには食べていただいて大丈夫です。

ですが、オウショウヨモギには、堕胎作用・月経刺激作用があるので、妊娠中、授乳中には避けてください。

この3つのハーブを抑えていけば香りづけ程度でしたら大丈夫ですので、ハーブをたくさん摂ることは日本はないと思いますが、摂りすぎには注意をしてくださいね。

辛いもの

唐辛子は血行を促進して新陳代謝を活発にしてくれるため、冷えの予防につながります。

食べ過ぎてしまうと、消化器系の刺激が強いため胃痛や胃もたれ、下痢などを引き起こす可能性があります。香辛料を使った料理には塩分が多く多く含まれていることが多いです。ご飯などの主食も多く摂ることにもなりさらにカロリーオーバーになってしまう可能性があるので注意が必要です。

過剰に摂りすぎず、お食事の中に上手に取り組みましょう。

(引用:こそだてハックhttps://192abc.com/27189)

缶詰

缶詰といっても種類はたくさんありますね。
基本的には食べても問題ありません。

しかし、フルーツ缶ですと糖分が非常に多いですし、
お魚などの缶詰も塩分が高くなりがちですので、
栄養バランスを考えて摂るようにしましょう。

また、ツナはマグロなので水銀の心配があります。
毎日は食べないように、摂りすぎは注意してください。

飲み物

コーヒー、紅茶

コーヒー、紅茶などにはカフェインが含まれています。

妊娠中1日に摂取しても良いとされるカフェインの量は100mg~200mg程度。

摂取しすぎると妊娠の継続やお腹の赤ちゃんの成長に影響があるとされています。カフェインは母乳にも移行するため、授乳中、多量に摂取すると赤ちゃんがイライラしたり落ち着きがなくなったりすることがあります。また乳児突然死症候群の発症率が増加することがわかっています。

とはいえ、妊娠中に絶対に飲んではいけないというわけではありません。「飲み過ぎには気を付ける」という事を忘れず1日一杯程度に、ゆっくりとコーヒーを楽しんでリラックスしてください。

広尾レディースクリニック院長 宗田 聡先生より

・コーラ

妊娠中にコーラを飲んではいけないとよく言われているのは、
実際は多量に飲まなければ飲んでも大丈夫です。

コーラに含まれるカフェイン量は以下のようになります。

  • コカ・コーラ1缶⇒34mg
  • コカ・コーラダイエット1缶⇒45mg

コーラにはこれぐらいのカフェインが含まれておりますので、摂取量としては問題ありません。
ただ、コーラには糖分がたくさん含まれているため
高血圧症や糖尿病などのリスクを高めることになるので注意が必要です。

・栄養ドリンク

こちらもコーラと同じく、飲んでも大丈夫です
むしろ栄養ドリンクのなかには「産前産後の栄養補給に」や
「妊娠・授乳期の栄養補給に」と記載されているものもあるくらいです。

ただ、栄養ドリンクには種類がたくさんありますので
選ぶポイントをご紹介いたします。

Q,カフェインが多く含まれていないか?
A,上記したように妊娠中はカフェインを取っても大丈夫ですが、制限があります。
どれぐらい含まれているかは買う前に確認するようにしましょう。

Q,カロリーは高くないか?
A,妊娠中はどうしても体重が増えやすくなってしまいますので、
できるだけカロリーが低いものを選びましょう。

(引用:堀産婦人科https://www.hori3541.or.jp/column/caffeine)

まとめ

妊娠中は免疫が落ちている事や体重の制限があるので我慢が多くなる時期です。
制限しすぎたり、気にしすぎたりするとストレスになってしまうことも少なくありません。

何を食べても栄養面はバランスが大切です!!

摂りすぎてしまった日があれば、
その週は少し食べないように気を付ける、など工夫をしながらお食事も楽しみましょう。

頻度を考えてうまく妊娠生活に取り入れていけるといいですね。

LINE

(LINEにてスタッフからお1人お1人に合わせたセルフケア動画をプレゼント中です♡)

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

新宿杉山産婦人科院
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F
しんきゅうコンパス

恵比寿駅前広尾レディースクリニック院
東京都渋谷区恵比寿1-12-1 CRD Ebisu 1stビル5F 広尾レディース内
しんきゅうコンパス

神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売