・最近、骨盤の歪み骨盤矯正というキーワードをよく耳に知ることが増えました。

本日は骨盤とはどんな役割をし、体にどんな影響についてお話しします。

骨盤の役割とは?

骨盤は背骨を支えて股関節とつながり、上半身と下半身のかけ橋のような役割を担っています。

それ以外にも、臓器の受け皿としての役割、2足歩行を支える役割、座る時の身体全体の台座としての役割などがあります

特に女性にとっては重要な役割、骨盤の形を変えて妊娠・出産を可能にします。

まさに身体の要となる存在です。骨盤が歪んだ場合、上記の役割が果たしにくくなってしまいます

身体に及ぼす影響は、、?

ソース画像を表示

①むくみやすくなる

骨盤に歪みがあると周辺の筋肉に負担がかかり、凝り固まることで血流が悪くなると言われています。また内臓も下がりやすくなってしまい、水分代謝が鈍くなったり便秘になったりと、体の不調に繋がってしまう可能性も・・・

②冷え性

血流が悪くなると手足など体の末端への血流が滞り気味になります。また内臓の働きが低下することで体の中心部分からも冷えが広がっていきます。体は生命維持のために臓器への血流を優先しようとするので、さらに末端は冷えやすくなってしまいます。この時期、冷房でお身体が冷えやすくなるので、十分に気を付けてくださいね

③ウエスト周り

骨盤が開いたり傾くと、くびれの高さに左右差が出たり、くびれそのものが浅くなってしまったりすることがあります。

また腰幅が広く見えてしまう…なんてことも
内臓が下がりやすくなることで下腹がぽっこりするなど、ボディラインへの影響も大きくなっていきます

④О脚・X脚

骨盤と股関節は密接に繋がっているので、骨盤の歪みは脚の歪みに影響が出ることもあります。
骨盤の歪みとともに股関節にもねじれが生じるため、その下にある膝や足首も同様にねじれてしまいます。
それによって重心の位置もずれやすくなり、内側もしくは外側の筋肉ばかりが発達して凝り固まり、脚のラインが崩れてしまうことも・・。

このように骨盤は、身体全身に影響を及ぼします。

骨盤を気にされている方は、不良姿勢足を組む片足重心ヒールを履くなど日常生活での、癖や習慣に気を付けましょう

またご出産時は骨盤の歪みを直す最大のチャンスとも言われています

天使のたまごでは、産後の方には骨盤矯正、妊活、一般の方には骨盤整体と骨盤のメニューも充実しております。

骨盤でお悩みの方は、スタッフにお気軽にご相談くださいませ

以上銀座院から五味がお送りしました

LINE

(5/7~LINE@友達追加で会計時に¥300OFFキャンペーンを全院で開催中です♡)

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

新宿杉山産婦人科院
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F
しんきゅうコンパス

恵比寿駅前広尾レディースクリニック院
東京都渋谷区恵比寿1-12-1 CRD Ebisu 1stビル5F 広尾レディース内
しんきゅうコンパス

神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売