皆さまお身体のむくみが気になったことはありまさんか?

同一姿勢や、運動不足が原因で身体の循環不良が起こりむくみが現れます。

妊娠後期は胎児の成長とともにおなかが大きくなる時期です。子宮が大きくなることで血管が圧迫され、血流が悪くなるためむくみが起こりやすくなります。

塩分の取り過ぎはダメ、水分を多く取りましょうとお医者さまに言われたことがある人は多くいるでしょう…。

気にしすぎると何を食べいいか分からなくなりますよね

ではむくみに効果的な食べ物とは・・?

①カリウム

カリウムは、生命を維持するうえで欠かすことのできない大切なミネラルの1つです。体内の水分量の調整、塩分が増えすぎた場合は排出の手助けをしてくれます。

いも類(じゃがいも)、野菜類(ほうれん草、ブロッコリー)果物類(アボカド)

②タンパク質

血液中にはアルブミンというたんぱく質がありますが、アルブミンは余分な水分や老廃物を流してくれる作用があるため、むくみ解消に効果的です人間の体をつくる重要な成分ですので、たんぱく質を多く含む肉や魚はしっかりとるようにしましょう!

肉類(牛、豚、鶏、ハムなど)
魚介類(小魚、貝、ねり製品など)
卵類(鶏卵、うずら卵など)
大豆および大豆製品(大豆、納豆、豆腐など)
牛乳および乳製品

③ビタミンE

ビタミンEには血流を良くする効果がありますむくみの原因となるナトリウムなどの老廃物を流し、栄養素を体内に行き渡らせて代謝を正常化してくれます。

アーモンド、モロヘイヤ、かぼちゃ

ピーナッツなどのナッツ類

まずは少しずつ摂れる食べ物からお食事に取り入れてみてくださいね

最後に、水分不足もむくみの原因になります。体内の水分が不足すると、脱水状態になるのを防ぐために、細胞の中にある水分を出します。そのため、その水でむくみが起きてしまうことがあります

まずは朝起きてすぐ、水分を補給をしましょう。冷たい水は身体を冷やしてしまうので、白湯で身体を温めながら水分補給がおすすめです

これからの時期、気温も高くなるので、いつも以上に水分補給に心がけてお過ごしください!

以上銀座院から五味がお送りしました

LINE

(5/7~LINE@友達追加で会計時に¥300OFFキャンペーンを全院で開催中です♡)

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

新宿杉山産婦人科院
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F
しんきゅうコンパス

恵比寿駅前広尾レディースクリニック院
東京都渋谷区恵比寿1-12-1 CRD Ebisu 1stビル5F 広尾レディース内
しんきゅうコンパス

神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売