つわりが落ち着く妊娠中期に入り、お腹がだんだん大きくなってくるとママの身体はもちろん、お腹の中の赤ちゃんのことも気になってくる時期ではないでしょうか
その中の一つ、乳児期のアトピー性皮膚炎はママのお腹の腸内細菌が関係していると言われています

腸内細菌ってなんで重要なの?

ママの子宮の中にいる赤ちゃんの腸内は、ほぼ無菌状態です。それが出産の時、ママの体に付着した菌などがどっと赤ちゃんの口や鼻から腸へと入り込みます
このとき、赤ちゃんの腸を健やかに保つ上で重要だと考えられているのが、“お母さんの腸内細菌”です。実は産道を通って赤ちゃんが産まれてくる際、その通り道には、ママの体内に住み着く腸内細菌が存在しており、それが母から子へのプレゼントのように赤ちゃんの口や鼻から幼い腸内へ入り込むと考えられているのです。これが、産まれてきた子どもの腸が独自に腸内フローラを育て上げていく第一歩

ところが産まれた直後の赤ちゃんの腸では、一時的に病気の原因ともなる大腸菌などの”悪い細菌”がどっと増えることが知られています。それによってか弱い赤ちゃんの腸がやられてしまわないよう、守る役目を果たす腸内細菌がいます。善玉菌の代表格であるビフィズス菌です。母乳に含まれるオリゴ糖をエサとして、赤ちゃんの腸内では生後4日を過ぎたあたりからビフィズス菌が急速に増え、悪い菌を駆逐します。
さらに、増えたビフィズス菌が「酢酸」という物質を出し、これが赤ちゃんの腸の細胞を丈夫にする働きをすることがわかっています。赤ちゃんの幼い腸は、腸内細菌に助けられて強くなっていくのです

 

効率よく栄養を摂取するには?

妊娠期間中または、産後の母乳育児の期間はママと赤ちゃんがともに健康でいなければなりません。その栄養を食事でとるのは、なかなか難しいのが現実

そこで効率よく摂取するためには、サプリが必要になります

キャリネスの『ドクターズサプリメント RICH MATERNITY』は葉酸はもちろんのこと、
ママの腸内環境を整えることに注目し、大腸まで届くビフィズス菌末を25億個含んでおります

腸内環境を整え、これから生まれてくる赤ちゃんに最高のプレゼントの準備をしてみませんか

 

 

天使のたまごでは、回数券とサプリメントを同時にご購入いただいた方には特別価格で販売しております

お身体の不調もしっかりとケアをしてより良いマタニティライフを送れるように天使のたまごスタッフ一同お手伝いさせて頂けたらと思います

以上、銀座本院より中村がお送りいたしました

LINE

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

【新宿杉山産婦人科院】
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F

湘南鎌倉バースクリニック店
神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売