妊婦検診で行う超音波検査(エコー検査)では、赤ちゃんの体の大きさを測定し、順調に成長しているか確認しています。病院でもらえるエコー写真にもしっかり測定値は記載されているのですが、英語や記号で書かれていて何のことか分からないと思います

そこで、この意味不明な英語や記号が何を示すのかまとめてみました

GS(胎嚢の大きさ)

娠初期に胎児が包まれている胎嚢という袋の大きさを表します。
妊娠6週頃までは、赤ちゃん(胎芽)は小さすぎてエコー検査で確認できないことがありますが、胎嚢が確認できることで、妊娠が判明します。

すぐ大きくなって胎嚢は画像上からはみ出るので、妊娠初期の初めにしかGSは測定できません。

CRL(頭殿長)

赤ちゃんの頭からおしりまでの長さを表します。
妊娠初期8~11週頃までは、赤ちゃんの成長に個人差が少ないので、出産日の算出のために測定します。

EDD/DEL(出産予定日)

CRL(頭殿長)から器械が自動的に算出した出産予定日です。
この結果や、最終月経から最終的に出産予定日が決まります。

AGE/GA(妊娠週数)

CRL(頭殿長)などから器械が自動的に算出した妊娠週数です。

例えば、【8w3ⅾ±2ⅾ】というように記載されます。
これは、8week(週)の3day(日)、誤差は2day(日)という意味です。
つまり、器械が算出した赤ちゃんの大きさは8週の1日目~8週の5日目ということになります。

BPD(胎児大横径)

赤ちゃんの頭の横幅を表します。
通常、妊娠4ヵ月頃から測定され、推定体重を割り出すのに使われます。

FTA(胎児胸部断面積)

胸部を輪切りにしたときの断面の面積を表します。

お腹のふくらみを示す腹部前後径(APTD)と、腹部の横幅を示す腹部前後径(TTD)を測定することで算出することができます。

HL(上腕骨長)

肩から肘まである上腕骨の長さを表します。

通常、測定することは少ないですが、骨の発達障害を疑う場合などに測定します。

FL(大腿骨長)

太ももの付け根から膝まである大腿骨の長さを表します。

大腿骨は、胎児の中で最も大きな骨で、順調に成長しているか確認するために大切な指標になります。
推定体重の算出にも使われます。

EFW/EFBW(推定体重)

これまでに出てきた、BPD・FL・APTD・TTDの測定値から赤ちゃんの推定体重を算出したものです。

測定値で我が子の成長を実感♪

超音波画像の測定値がわかると、「足が1㎝伸びた!」「頭がもう7㎝もある!」と我が子の成長を実感できて、さらに愛おしさを感じることができるのではないでしょうか

成長すればするほど、足が少し短い、頭が少し大きい…など個性が出てきます。

何か発達に異常があれば、医師は必ずお母さんに伝えてくれるので、何も言われなければまず心配ありません

かわいい我が子の成長を10ヶ月間ゆっくり見守ってあげましょう

本日は銀座本院より中村がお送りいたしました

LINE

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

【新宿杉山産婦人科院】
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F

湘南鎌倉バースクリニック店
神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売