みなさま、こんにちは
本日は、妊娠中の移動手段についてお話しさせていただきます。

何が最適なのか不安になる方も多いと思います。
その不安を解消しましょう!!

妊娠中の車移動

車は、かなり便利な乗り物です
車の運転はいつの時期なら安全ということはありませんが、買物や通勤などで車の利用する方が楽であれば車を利用する方が良いと思います。
ただし、車を運転するにあたって事故が発生れば、母体だけではなく胎児にも影響と与えることを忘れてはいけません
ご妊娠中は、体が疲れやすいので体調がよくないときや体力に自信がないときには、無理をしない方が安全です。
また、長時間の運転は避け、休憩を十分とりながら運転しましょう

妊娠中の自転車移動

主婦にとって自転車はとても便利なものですが、妊婦さんの自転車の利用については、避けた方が良いと言われております
路面の振動を直接感じため、お腹の張りを誘発する可能性もありますし、体型の変化でバランスを崩しやすいことから転倒する危険性が高いといえます
さらに、身体を保護する部分がないので、ダイレクトに体にダメージを与えます。
とくに、交通量の多い道路や狭い道路の走行は控えましょう。

妊娠中のバイク移動

自転車よりもスピードが出ますから自転車以上にすすめることができません
妊娠すると判断力が低下することもありますからスピードの出るバイクは危険性が高くなります。。

妊娠中の最適な移動手段

ご妊娠中は、タクシー、バス、電車移動が最適かと思います!
ですが、電車ですと仕事の通勤で利用する場合はラッシュアワーで満員状態での利用は妊婦さんにとっては辛いものです。
通勤時間などを配慮してもらえないか職場に相談しましょう

医師に「母性健康管理指導事項連絡カード」に記入してもらい、勤務先に提出するという方法もあります。
長時間の利用については、妊娠初期や医師から安静の指示が出ている場合は控えてください。
バス観光や高速バスでの長時間の移動については、医師に確認した方が安心だと思います。
くれぐれも無理は禁物です!!

その時と場合によって合うものを選ぶことで、行動の幅も広がるかと思います!!
マタニティライフがより良いものとなりますように、天使のたまごスタッフ一同サポートさせていただきますので何かご不安なことなどございましたらお気軽にご相談くださいませ

 

以上、銀座院より門分でした

LINE

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

【新宿杉山産婦人科院】
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F

湘南鎌倉バースクリニック店
神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売