本日は妊娠期間中の運動についてのお話しです
クライアントさまからも多いこの質問。

「妊娠中、運動ってしてもいいですか??」

ご妊娠中はデリケートな時期のため運動をするのが不安…という方も
いらっしゃいますが、もちろんOKです!
ご妊娠中の運動のメリットとしては

・体重増加を防ぐ
・出産に向けた体力づくりができる
・マイナートラブル(肩こり、むくみなど)を改善できる
・便秘の改善、予防

などが挙げられます

運動開始の時期

こちらは個人のご体調にもよって差はありますが、
基本的には激しい運動でなければ、初期の頃からOKと言われています

少し不安…という方は安定期に入る16週(5ヶ月)頃からスタートすれば良いでしょう

妊娠初期の運動は流産に繋がる可能性があるという意見がありますが、
流産のほとんどは染色体の異常によって引き起こされるものですので
基本的には激しい運動でなければ、妊娠初期から運動しても問題ないとされています。

また安定期でも、切迫流産・切迫早産・前置胎盤・妊娠高血圧症候群などの異常があるときは、
運動を控えないといけない場合がありますので運動をしてもいいかを医師に相談しましょう。

スイミングはOK??

時期としては中期以降、経過に問題がなければOKです。
妊娠中に泳ぐこと自体には問題ありません
室内の温水プールなどであれば管理もしっかりされているので
雑菌などの心配も少ないですが、もし万が一なにか起こった場合は全て自己責任となります。

マタニティスイミングなどは助産師さんや専門の指導員がいるところもあるので
とってもおすすめです^^

そして季節問わずですが、プール上がりはお身体が冷えやすいので注意が必要です!

ヨガはいいの?

こちらも中期以降、経過に問題がなければOK。
腹式呼吸をすることでリラックス効果もあるので◎

また、下半身をストレッチすることによってスムーズなお産に繋がります。

元町院では少人数で行うマタニティヨガイベントも開催しております

週数やお身体の状態にあわせた指導なので
安心してお受けいただけます

詳しくはこちら☞http://tenshinotamago.com/blog/?p=18459

ホットヨガもOK??

ホットヨガは38℃前後の温度と55~65%の湿度の部屋で行うため自然と血圧が上がりやすくなります。
暖かい部屋で身体を動かすので大量の汗をかくため
脱水症状になる可能性があるので、妊娠中はNGです!

特につわり症状がある人は、身体の中に熱を持った状態から
さらに温めてしまうと症状が悪化してしまいます

 

ご妊娠中の運動はお身体に無理のない範囲で
リラックスやストレッチを意識して行うことがベストです

お身体を動かすことによってマタニティブルーなども解消することができるので
ぜひ、簡単なストレッチなどからはじめてお身体を動かしてみましょう

以上、元町院から若澤が送りいたしました

LINE

(5/7~LINE@友達追加で会計時に¥300OFFキャンペーンを全院で開催中です♡)

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

新宿杉山産婦人科院
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F
しんきゅうコンパス

恵比寿駅前広尾レディースクリニック院
東京都渋谷区恵比寿1-12-1 CRD Ebisu 1stビル5F 広尾レディース内
しんきゅうコンパス

神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売