ご妊娠されますと、嬉しさももちろんですが不安な事もたくさんあると思います
本日はご妊娠中に気をつけていただきたい【レントゲン・車の運転】についてお話しをいたします

 

妊娠初期にレントゲンを受けても大丈夫?胎児への影響や注意点は?

健康診断などでレントゲン撮影を受けてから「実は妊娠していた」ということがわかったり、妊娠初期に入ってから病院でレントゲン撮影を受けなければいけない状況になったりすると、お腹の赤ちゃんへの影響が気になる人もいるかもしれません。

レントゲンとは?自分の体への影響は?


レントゲン撮影は、医療用のエックス線を使って体に異常がないかどうかを調べるために行われるものです。エックス線は放射線の一つなので、レントゲン撮影を受けると少量の放射線を浴びることになります。

放射線と聞くと、少量でも浴びるとがんなどの病気になるのではないかと心配になる人もいるかもしれませんが、100mSv(ミリシーベルト)以下の低い放射線量と病気との関係については、明確な根拠がありません

医療機関で受ける通常のレントゲン撮影は、1回あたりの最大放射線量が10mSV以下と小さいので、人体への悪影響はほとんどないと考えられています

妊娠初期のレントゲンは胎児に影響する?

レントゲン撮影で浴びる放射線量が、自分の体に与える影響はほとんどないとは言え、これからお腹のなかで育っていく赤ちゃんにとって問題ないのかどうかは気になりますよね

妊娠超初期や妊娠初期に、妊娠したことに気づかずにレントゲン撮影を受けてしまい、流産や死産、胎児の奇形リスクが気になる妊婦さんもいるかもしれません。

日本産科婦人科学会の産科ガイドラインによると、「50mGy(≒50mSV)未満の被曝であれば、胎児は安全」と明記されています


妊娠初期に歯医者などでレントゲン撮影をする機会があるかもしれませんが、お腹の赤ちゃんへの影響は極めて小さいので、安心して治療を受けてくださいね。
どの部位であっても10mGy以下であるため、妊娠初期にレントゲンを撮影したとしても赤ちゃんへの悪影響はほとんどないと考えられます。

妊娠初期以降のレントゲンも問題はないの?

妊娠初期を過ぎた時期でも、通常のレントゲン撮影による胎児への影響はほとんどないと考えられています。

妊娠9~26週では、胎児の中枢神経系が放射線被ばくの影響を受けることがあるものの、精神発育の遅れが見られるのは500mGy以上、IQ(知能指数)の低下が見られるのは100mGy程度の放射線を浴びたときとされていますしかしこの量の放射線をレントゲンだけで浴びることはありません。

妊娠中、どの時期であっても、健康診断や検査などでレントゲン撮影が必要になったときはきちんと受け、健康管理に役立ててくださいね

妊娠中のレントゲンで注意することは?

妊娠中のどの時期であっても、レントゲン撮影を数回行っただけでは、胎児に悪影響を与えることはほとんどありません。

ただし、病院側ができるだけ安全に検査を行うためにも、妊娠中または妊娠の可能性がある人は、レントゲン撮影を受ける前に必ず医師に伝えましょう

たとえば歯医者でのレントゲンであれば、できるだけ被ばくのリスクを抑えるために、鉛のエプロンを首からかけて撮影してもらえることもありますよ。

また、どうしても不安なときは、医師から放射線による影響などを詳しく説明してもらったり、場合によってはエコーなど、レントゲン検査以外の方法を相談してみるのも良いかもしれません。

妊婦の運転はいつまでOK?妊娠後期まで乗れるための対策

妊娠すると「妊娠中はなるべく運転を控えたほうがいい」と言われますが、買い物や仕事、上の子の習い事の送迎、妊婦健診など車がなくては生活できないという方も多くいらっしゃると思います

「控えた方がいい」ということだから運転しちゃダメなわけではないけど、「じゃあ一体いつまでならいいの?皆どうしているのかな?」と思いますよね

ズバリ言うと「後期」までOKです。しかし、妊婦さんだからこそ車を運転する際に注意して欲しいことがいくつかあるので、そちらをご紹介いたします

運転はできるけれども注意すべきことはもちろんあります

妊娠中でも運転はOKです。現時点では、妊婦さんがいつまで運転をしてよいのかという国が定める法的な決まりはないそうです。

妊婦さんご自身の判断が、とても重要になってきます。ですが、妊娠したことによってホルモンバランスが変化するなどして運転に支障をきたすこともあります。十分注意しましょう

妊娠中はホルモンの影響で眠気や注意散漫など支障が…

ママの身体の中では目には見えませんが、妊娠したことによって出産に向けて凄まじいスピードで毎日身体も心も変化しています。

そのため、特に妊娠初期は、たくさん寝ているはずなのに日中も眠いということもがよくあります。妊娠中でなくとも眠気があるときに運転するのは誰でも危険ですよね。眠気があるときの運転は避けましょう

また、眠気があるときに運転を避けることはもちろんのこと、具合が悪いときやイライラしているときも運転する際は注意が必要です。

運転中に眠くなったら、運転をやめて5分間目をつぶるだけでも結構スッキリするので適度に休憩を入れましょう。

ホルモンの影響は眠気だけではなく、具合が悪くなったりイライラしやすくなったりします。そうなると判断力や注意力が散漫になるなど運転に支障が出ます。

また、貧血や妊娠高血圧症候群などと診断されている場合、運転中に突然めまいや頭痛、吐き気をもよおすこともありうると心得ておきましょう。

長時間の運転はなるべく避けて、近場でもこまめな休憩が必要

運転するとき人は無意識のうちに緊張してしまうものです。緊張によるストレスがお腹の張る原因になることもあります。

妊娠中のお腹の張りには個人差があって、妊娠初期から張りやすい人もいれば、妊娠中ほとんどお腹が張らなかったという方もいます。

お腹が張って痛みを感じたときは車を止めてシートを倒して休みましょう。出血していない限りお腹の張りは休めば治ることが多いので、無理をせず休憩を取りましょう。

また、長時間の運転はできれば避けた方がいいでしょう。緊張が長いとそれだけストレスと感じることになります

どうしても長時間運転しなければいけない場合は、スケジュールに余裕を持って1時間に1回ぐらいのペースでこまめに休憩をするようにしましょう

妊娠中の運転では、出発前に3つの確認が大事です

車で出発する前に、ちょっと待って確認をしてほしいことがあります。シートベルトを正しく締めているか、持ち物は大丈夫か確認してからお出かけしましょう。

1.シートベルトでお腹を圧迫しないように気を付けましょう

「妊婦さんはシートベルトをしなくてもいい」と聞いたことがあると思いますが、それは特別な場合です。自分の身体と赤ちゃんの安全のためシートベルトはきちんと着用しましょう

妊婦さんは腰のベルトの位置がとても大切です。装着位置が間違っていると、万が一急ブレーキを踏んでしまって時にその反動で身体が前に出て、シートベルトはがお腹に食い込んでしまう危険性があります。

腰ベルトはお腹のふくらみを避けて、腰骨のできるだけ低い位置を通します。骨盤の出っ張っている部分よりも足のつけ根のほうにシートベルトが通るようにする

肩のベルトもお腹にかからないようにします。胸と胸の間に通して、おなかのふくらみに沿うようにシートベルトを通して締めましょう。

それでもお腹の圧迫感がどうしても気になるという方は、シートベルトが正しい位置にくるように補助してくれるマタニティーシートベルトもあります。初期から後期まで長く使えるので、よく車に乗る方は1つあると重宝すると思いますよ

2.万が一に備えて!母子手帳と保険証は必ず持ちましょう

もう1つ忘れてはいけないのが母子手帳と保険証です。運転するときはもちろんお出かけのさいは万が一のときに備える必要があります。

車を運転するとき自分が交通事故を起こす危険もありますが、交通事故に巻き込まれる危険性も十分にあります。もしものとき、母子手帳と保険証があるとかかりつけの病院でなくともかかれますし、今までの経過などの情報も見ることができるので必要不可欠です。

「ちょっとそこまでだから」と油断せずに母子手帳は必ず持ち歩きましょう

 

妊娠中に気になることは多くあると思います。
まずは無理をしないようにしていただけたらと思います
皆さまが快適なマタニティライフを送れますように

本日は銀座本院より中村がお送りいたしました

LINE

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

【新宿杉山産婦人科院】
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F

湘南鎌倉バースクリニック店
神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売