今年は「りんご病」が猛威をふるっております。 皆さまりんご病をご存知ですか?

りんご病とは、パルボウイルスB19と呼ばれるウイルスに感染することで引き起こされるウイルス性疾患の一つです。 伝染性紅斑とも呼ばれ、その名前から想像される通り赤い発疹が出現することが特徴です。 頬が赤くなることがあり、その見た目がりんごのようになるため、りんご病と呼ばれます。

りんご病について|メディカルノート

どんな見た目かと言いますと・・

名前や見た目から可愛く感じてしまいますが、実は大変な病気なのです。

子どもがりんご病にかかると・・・

特徴的な症状

感染後10~20日で現れる両頬の境界鮮明な紅斑があります。続いて腕、脚部にも両側性にレース様の紅斑がみられます。体幹部(胸腹背部)にまでこの発疹が現れることもあります。発熱はあっても軽度です。本疾患の大きな特徴として、発疹出現時期を迎えて伝染性紅斑と診断された時点では、抗体産生後であり、ウイルス血症はほぼ終息し、既に他者への感染性は、ほとんどないといわれています。


基本的にはウィルス感染ですので、風邪やインフルエンザと同じように人から人へ移っていく病気です。4~5歳の子どもに発症しやすいといわれているので、公園や保育園などでは注意が必要です。 ですが、見た目のとおり「りんご」のように頬が赤くなっているときには感染する恐れはないとのことですので、むやみに避けたりするのはやめましょうね

妊婦がりんご病にかかると・・・

特に妊婦の場合

妊婦が感染すると、胎児水腫や流産の可能性があります。妊娠前半期は、より危険性が高いといわれていますが、後半期にも胎児感染は生じるとの報告があります。その他、溶血性貧血患者が感染した場合の貧血発作を引き起こすことがあり、他にも血小板減少症、顆粒球減少症、血球貪食症候群等の稀ですが重篤な合併症が知られています。


実は、妊娠中にかかると怖いのが「りんご病」なのです。 でも、こうしたら予防できる!というものがなく、「手洗い・うがい」や「マスク着用」がなにより大切になってきます。例年7月〜9月にはやるとのことですが、4,5年に一度大流行するらしく2019年はまさにその年。 インフルエンザももちろんですが、りんご病にも気をつけてまいりましょう!

こちらのサイトもおすすめです💓とても詳しくかいてあります

広報武田でしたっ!


LINE

(5/7~LINE@友達追加で会計時に¥300OFFキャンペーンを全院で開催中です♡)

母になる!を支えるマタニティケアの新領域 天使のたまご

ホームページオフィシャルFacebookパソコンからのご予約スマホからのご予約 【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F TEL 03-3563-1045 しんきゅうコンパス 【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F しんきゅうコンパス 【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F しんきゅうコンパス

新宿杉山産婦人科院】 東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F しんきゅうコンパス

恵比寿駅前広尾レディースクリニック院】 東京都渋谷区恵比寿1-12-1 CRD Ebisu 1stビル5F 広尾レディース内 しんきゅうコンパス  【湘南鎌倉バースクリニック店

神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F TEL 0467-48-2030 ※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。 【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】 妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール  マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド 【 CALINESSE (キャリネス) 】 妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売