皆様こんにちは

寒い日が続いておりますが、体調はいかがでしょうか?

現在、東京、埼玉、千葉、栃木ではインフルエンザの患者数が過去最多になったそうです

ここまで流行してしまうと、予防が大切になってきますね

本日はインフルエンザと予防についてのお話です。

インフルエンザの感染経路について。

1、飛沫感染

感染している人の咳やくしゃみのしぶきに含まれるウイルスを吸い込むことによって感染します。

2、接触感染

ウイルスがついた手で鼻や口を触ることによりに間接的感染することです。

インフルエンザは予防することが大切です

1手洗い・うがい

私たちは毎日様々なものに触れています。それらを触れることにより、ウイルスが自分の手に付着している可能性があります

ウイルスの体内侵入を防ぐ為に、外出先から帰宅した時、食事の前などこまめに手洗いすることを心がけましょう!!

2適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると喉の粘膜の防御機能が低下します乾燥する室内では、加湿器などを使って、適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です

3予防接種

インフルエンザワクチンを打つことで、発病の可能性を減らすことができ、

また大きな効果として、重症化の予防をすることができます。

インフルエンザは免疫力が弱っていると、感染しやすくなります。

普段から十分な睡眠とバランスのよい食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

妊娠中にインフルエンザになってしまったら・・・

妊娠するとホルモンの作用で免疫力が低下し、風邪やインフルエンザなどにかかりやすくなります。

咳や鼻水、くしゃみが出て熱っぽいなと感じても、最初は風邪かインフルエンザか分かりにくい場合があります。

関節痛39~40度の高熱が急に出た場合はインフルエンザの可能性が高いので、すぐに医師に連絡し、治療を受けられるようにしましょう。

赤ちゃんへの影響も心配になりますよね・・・

妊娠中にインフルエンザにかかってしまった場合、妊婦さんの体調には影響しますが、

インフルエンザウイルスが胎盤を通じて赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはほとんどありません

まれに、治療せずに放っておくと症状が重くなり、肺炎や早産を引き起こしたりすることがあるので早めの受診が大切です

より良いマタニティライフを送るためにも体調が優れない時は外出を控え自宅で安静に過ごしましょう

以上銀座院から五味がお送りしました

LINE

(5/7~LINE@友達追加で会計時に¥300OFFキャンペーンを全院で開催中です♡)

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

新宿杉山産婦人科院
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F
しんきゅうコンパス

恵比寿駅前広尾レディースクリニック院
東京都渋谷区恵比寿1-12-1 CRD Ebisu 1stビル5F 広尾レディース内
しんきゅうコンパス

神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売