みなさまこんにちわいかがお過ごしでいらっしゃいますか?

いきなりですが、この時期によく耳にするのが、、
インフルエンザ胃腸炎ではないでしょうか?!?

とっても怖いですよね~~~
出来ることならなりたくない。。
本日は、胃腸炎について詳しくお話しできたらと思います!

胃腸炎といえば、冬に大流行するイメージがあるかと思います
ここで冬に流行する理由はなぜかと言いますと、、

冬になり気温が下がると免疫力は低下します。
よって、人は感染しやすい状況になってなってしまいます

また、冬になり気温が下がると同時に乾燥します。
多くの胃腸炎は接触感染ですが、一部は吐物などが乾燥してその乾燥した吐物が風に舞って体内に入り感染します。高温多湿な夏よりは感染が起きやすいのかも知れません。

予防・対策としまして、、、

毎日の手洗いうがい
まずウィルスなどの病原菌を家に入れないことが大切です!
小さいお子様がいるご家庭はとくに、帰宅時は家のものに触る前に
手洗いをすることを習慣にしましょう。
さらに、食事前に手を洗うことで、口にはいることを防ぐことができます。

手指の消毒法
手指の消毒法としては、アルコールのすり込みが一般的になりつつあります。
アルコールは多くの細菌に対しては手洗いと同様、有効な方法ですが
冬期の下痢嘔吐の主な原因であるノロウィルスはアルコールでは死なず、
塩素以外は基本的に効果がありません。。
塩素は手に塗ることができないため、石けんで丁寧に隅々まで手を洗い
ウィルスを洗い流すことが唯一の「消毒」方法です。

③トイレを清潔に

感染性胃腸炎は、多くは病原菌を持った人がトイレに行ったあと、菌が残っている手で部屋のものや食べ物を触ったときに、それが他の人の口に入ることで起こります。手洗いをしても手に付いた菌が落としきれていないためです。

また、健康な大人では感染しても症状が軽くほとんど気づかないうちに菌を排泄していることもありますので、日頃からこまめにトイレを掃除し、必要に応じて便座やレバー、ドアノブ、蛇口などを消毒してください。

出来る限りのことをして、感染しないようにしていきましょう

ですが、、、、、、
免疫力が下がってしまうと対策や予防をしていても感染してしまう場合がございます
そこでおすすめなのが、日ごろの体調管理といたしまして鍼灸治療です
私は、鍼灸師になるまで必ず毎年インフルエンザや胃腸炎にかかっておりました。
ですが、友人やスタッフ、自分でも鍼でケアするようになってから
大きな病気をすることがなくなりました!
鍼灸では、自然治癒力を引き出して免疫力をアップしてくれる効果があるのです

天使のたまごでは、その方に応じたオーダーメイド治療をしておりますので
何か不調がある方はぜひご相談下さい!

皆さま後ご来院を心よりお待ちしております!

LINE

(5/7~LINE@友達追加で会計時に¥300OFFキャンペーンを全院で開催中です♡)

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

新宿杉山産婦人科院
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F
しんきゅうコンパス

恵比寿駅前広尾レディースクリニック院
東京都渋谷区恵比寿1-12-1 CRD Ebisu 1stビル5F 広尾レディース内
しんきゅうコンパス

神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売