妊娠してからたくさん水分を摂ったほうがいいってよく聞くけど、
一体どれくらいの水分を摂ればいいんだろう…と誰しもが必ず感じることだと思います。

中には水分補給が苦手な方や、職業柄水分補給がしづらい方など沢山いらっしゃいますよね

妊娠中の水分補給 なぜ必要なの?

むくみ

人の身体は50~60%が水分でできており、胎児ではなんと90%近くが水分です。

これを見ただけでも私たちの身体にとって、どれだけ水分が重要なのかわかりますよね

では、水分補給をおこなうことがなぜ重要なのでしょうか?
簡単に言うと妊娠中に起こるリスクなどを予防してくれます。

お腹の赤ちゃんの為、そしてママになったあなた自身の為にも
マタニティライフを楽しく過ごせるようにしていきたいですね

 

妊娠中に必要な水分摂取量って?

CAFE IMAGE

妊娠中は2L程度の水分が必要になります。(ちなみに非妊娠時は1~1.5L程度です)
やはり妊娠中は、より多くの水分を摂る必要があるようです。
それではなぜ2L程度の水分が必要なのでしょうか。

・汗をかきやすい

女性は妊娠をすると脂肪が増え、それを燃焼することで基礎体温が上がります。
また、新陳代謝も活発になるので暑くなったり汗をかいたりしますので、
脱水症状にならないようにする必要があります。

・羊水に水分が必要なため

赤ちゃんを守ってくれている羊水。
きれいな羊水を保つことによってアトピーやアレルギーのリスクを減らしてくれます。

羊水は3時間に1回入れ替わります!
胎児が羊水を飲み込み老廃物を臍帯と胎盤を通って母体に返し
それを母体が排出します。
老廃物が母体に送られた後の羊水は胎児が尿として排出し
それをまた飲み込むというサイクルになっています

血液循環量の増加、赤ちゃんへの血液を送り届けるため

妊娠すると赤ちゃんに血液を送る必要があるため、血液量が増加します。
また、効果的に酸素や栄養を運ぶためにもサラサラした血液を送り届けることが必要です。

水分不足が起こす影響って?

妊娠時に水分不足になりやすいケースとして悪阻がひどい人が挙げられます。
悪阻がひどいと嘔吐を繰りかえすので、結果的に水分も一緒に出てしまいます。
しかし、悪阻がひどくないケースでも水分不足になることはありますので
十分注意して水分補給をしていきましょう。

 

  1. 血液がドロドロになる

水分不足が起こす影響として、血液がドロドロになり血栓のリスクが高まります。
血液を通じて赤ちゃんへ酸素や栄養を送っているので
ドロドロになると血液循環が悪くなり、必要な量が届かなくなってしまいます。

 

  1. 便秘

水分不足が起こると大腸が乾燥してしまい便が固くなり、腸の中に溜まってしまいます。
子宮による圧迫や、ホルモンバランスが崩れたりすることによって起こる便秘は避けられないものです。
せめて、水分を多く摂って腸をスムーズに流れやすくしてあげることが大切です。

 

  1. 羊水不足

水分不足は羊水が不足してしまう原因にも繋がります。
赤ちゃんは羊水の中で育っていきますが、羊水が不足すると直接子宮に赤ちゃんが触れることになります。
これはとても危険で最悪の場合、身体に障害が起こることも考えられます。

 

せっかく飲むなら身体にいいものを飲もう!

りんごびょう2

一番おすすめなのはなんといっても「水」です。

赤ちゃんは胎盤から栄養を補給しているのですが
妊娠後期になると500ml/日の羊水を飲むようになります。

そのお水ですが、大きく2つに分かれることをご存知でしょうか。

どうせなら身体にとって良い物を摂りたいですよね。
ここではその2つについて詳しく解説したいと思います。

 

  • 天然水(ミネラルウォーター)

天然にろ過されたお水でカルシウム、マグネシウムなど多くのミネラルを含んでいます。

むくみや便秘解消や、身体の老廃物を出しやすくすると言われており
コンビニやスーパーでも簡単に買えるので、
私たちにとって身近なお水ではないでしょうか。

また、まろやかで口当たりもよく、とても飲みやすいのが特徴です。

 

  • 純水(ピュアウォーター)

ミネラルをはじめその他不純物が含まれていない水を差します。

不純物を99%取り除くことができる逆浸透膜方式という
ろ過装置を使用した加工されたお水のため、天然水とは異なります。

不純物を一切含まないため、赤ちゃんのミルクには適しています。

 

羊水はママの摂取内容によって大きく影響を及ぼすため
余分なものが含まれていないお水が一番と言えるのではないでしょうか。

とは言っても、お水が苦手な方やお水ばかり毎日飲んでいられない…
という方も沢山いらっしゃるかと思います。

そんな方はハーブティー(ノンカフェイン・ノンシュガー)がおすすめです。

ハーブティーにはリラックス効果があります

雑誌にも多く取り上げられている
天使のたまごグループ キャリネス の ハーブティー

ハーブティー

 

キャリネスハーブティーの詳細・購入はこちらから

(画像左側から恵 めぐみ、望 のぞみ、巡 めぐり)

なにより美味しくて飲みやすい
私自身、水分摂取がとっても苦手かつハーブティー苦手だったのですが
自宅用に私はむくみや胃のむかつきにオススメの恵を購入したのですが…

飲める!しかもおいしい!ティーパックだからすぐ飲めちゃう!(笑)

めんどくさがりな私も1ヶ月分ちゃんと飲み切ることが出来ました!!

最近気付いたことがあるのですが…
てんたまに入社してから冷え性・生理不順がとっても改善されたことです。

販売している商品のクオリティの高さ、施術のリラックス効果で
働きながら体質改善が出来ている気がします

自分自身の体質改善も大事ですが
それ以上にクライアント様の身体のサポート・体質改善にも全力投球しております
何かございましたら、お気軽にお問い合わせください。

以上天使のたまご永吉がお伝えしました

LINE

(5/7~LINE@友達追加で会計時に¥300OFFキャンペーンを全院で開催中です♡)

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

新宿杉山産婦人科院
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F
しんきゅうコンパス

神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売