みなさまこんにちは
本日は妊娠中の気になることの一つ歯医者さんについてです

歯医者さんといえば、治療などで麻酔を使用したり
レントゲン撮影をしたり。。。
妊娠中でも虫歯になってしまうことももろんあります
そんな時、治療で赤ちゃんに影響がないのかか気になりますよね

 

1.妊婦さんでも虫歯治療はできる

いくつかの注意点さえ守れば、妊娠中でも歯科治療をすることは可能です
麻酔や飲み薬を使う場合は種類や量を慎重に選び、レントゲン撮影をする場合はしっかりと防護するなど、
適切に管理すれば絶対にできないという訳ではありません
ただ、もしそれでも少しでも不安がある場合は、
安定期の時期を選んで治療をすれば胎児への影響も少ないので、
それまでは応急処置で我慢をした方がいいかもしれません

虫歯

どのような虫歯治療ができるのか

【歯を削って詰め物をする治療】

妊娠中であっても、歯を削って詰め物をする虫歯の治療は妊娠をしていない時と同じようにできます
虫歯を放っておくと、どんどん進行して痛みが強くなり、
出産と歯の痛みが重なることは身体的にも精神的にも辛いので、
妊娠中でも虫歯を見つけたら治したほうが良いです

(ただし、時期によっては治療を控えた方が良いときもあるので、
その場合は応急処置をするにとどめます

【神経を抜く治療】

虫歯がひどい場合、神経の治療が必要になることがあります。
妊娠中でも神経の治療をすることは問題ありません

【抜歯をする治療】

治療の際必要であれば、妊娠中に麻酔しても、抜歯しても問題はありません

(ただし、親知らずの抜歯はしないほうがよいでしょう

【歯肉炎の治療】

実は妊娠中に多いのが、歯肉炎です。
約半数の妊婦さんに、歯茎の腫れや出血がみられます。
妊娠中は女性ホルモンの働きが活発になるので、一部の歯周病菌が増殖しやすくなるのです。

 

治療はなるべく妊娠中期に

妊娠中は体調の変化が大きく変化しますので、できるだけ安定期に治療することをオススメします
つわり症状がある際は気分が悪くなりやすいため、
なにか処置をするにしても、応急処置程度にとどめておくほうが望ましいです

治療する際に気をつけたいこと

虫歯の治療はできますが、妊娠中であることを考えていくつか注意点があります。
まず、治療前に妊娠第何週であるかを歯科医師にきちんと伝えること

・楽な体制で治療が受けられるよう座席を倒し過ぎないようにする

・体調を崩した際は、すぐにトイレに行けるように声かけなどをしてくれる

治療中は無理のない姿勢をとるように心がけることが大切です。
辛いことや、治療に対して不安なことは何でも医師に相談しましょう

2.妊婦が虫歯治療する際に気になる胎児への影響

妊娠中に治療しても、お腹の赤ちゃんに悪影響を及ぼすことはありません

【麻酔による赤ちゃんへの影響】

虫歯治療で使われるのは局所麻酔です。
胎盤などを通じてお腹の赤ちゃんに麻酔薬が届くことはないのでご安心ください
そして、歯科治療で一般的に麻酔として使われているのはキシロカインという薬で
これは無痛分娩にも用いられているものですので問題ありません

【レントゲンの赤ちゃんへの影響】

治療によっては比較的大きな写真を撮る場合もあるので、
赤ちゃんへの被爆が心配になりますが、特に問題ありません。
レントゲン撮影をするときは被爆を避けるための専用のエプロンを胴体に着用し、
撮影も口部分に限定しているので、影響は最小限に出来ます

歯医者
妊娠初期のつわりの時期は、口内環境が悪くなりやすい時期です
歯磨き自体が吐き気を催すもとになるため、十分に歯垢を落とし切れずに歯磨きを終えてしまうからです。
また、吐くことで口内が酸性に傾いてしまうのも虫歯を作る原因になります
歯周病菌の中には女性ホルモンを好む菌が生息していて、
妊娠中に女性ホルモンの働きが活発になることで、歯周病や虫歯になる可能性が高くなるのです

虫歯にならないために!!

①体調の良い時間帯に歯磨きをする。

つわりがひどい時期は、無理に歯磨きをせずに体調の良い時間帯に歯を磨くようにしましょう

②奥から前に向かって磨くようにしましょう

つわりのときは、歯ブラシが当たるだけで吐き気を催すことがあります。
ゆっくりと奥から前に向かって磨くようにしましょう

③顔を下に向けたまま磨きましょう。

いつもどおりの体制で歯磨きを行うと、のどの奥に唾液や泡が溜まってしまい吐き気を引き起こします。
顔を下に向け、のどの奥に流れないようにしましょう

④デンタルフロスを使用する。

つわりのときは磨き残しが増えるので、デンタルフロスを使用し、
歯と歯の汚れをしっかりと除去しましょう

⑤味の強い歯磨き粉を使用しない。

歯磨き粉の味や匂いによって、気持ち悪くなってしまうことがあります
無味無臭の刺激が少ない歯磨き粉を使用しましょう

 

母子手帳

妊娠中はつわりや唾液の減少など、口内環境が悪化する時期で虫歯リスクも高くなります
妊娠中に虫歯治療を受けても大丈夫ですから、痛みを我慢しないで歯科を受診するようにしてくださいませ

本日は銀座本院より中村がお送りいたしました

LINE

(5/7~LINE@友達追加で会計時に¥300OFFキャンペーンを全院で開催中です♡)

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

新宿杉山産婦人科院
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F
しんきゅうコンパス

神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売