皆さんこんにちは
毎日のニュースでは記録的猛暑日なんて言われてますね
水分補給・睡眠・休養などしっかりとってくださいね

本日は【水中分娩について】お伝えさせていただきます!

水中分娩

水中分娩とは、その名のとおり水の中で出産することです

1人か2人が入れるくらいの小さなプールに、
体温と同じくらいの温度(約36~37℃)のぬるま湯をはります。
ぬるま湯には、羊水と同程度の塩分濃度になるように自然塩を溶かしてあります!

「水中で赤ちゃんを産む」と聞くと、
とても特別なことのように感じるかもしれません
出産の方法自体は自然分娩(経腟分娩)とほとんど同じで、
産む場所が水中か分娩台の上かの違いになります

メリット

リラックスできる

体温ほどのあたたかさのぬるま湯に浸かることで、心身ともにリラックスできます
リラックスした気持ちでお産を迎えると
無理にいきんでしまうことが少なくなるため母体への負担が軽くなります

楽に姿勢を変えられる

水中だと浮力があるので体が軽くなり
大きなお腹でも姿勢を変えやすいというメリットもあります

痛みが和らぐ!

温水に入ると全身の筋肉がゆるむため、陣痛の痛みが和らぐと言われています

メリットがあれば必ずデメリットも。。。

≪デメリット≫

いきみづらい

水の中では浮力が働くため痛みが緩和される一方
力を込めていきむのが難しくなります
いきみが弱すぎると赤ちゃんがなかなか出てこられないため、
あまりにもお産が長引くようであれば水中から分娩台に上がり、吸引分娩などに切り替える必要があります

陣痛が弱まることがある

陣痛が来てから早い段階でお湯に浸かると陣痛が弱くなるケースがあります。
お湯に浸かっている時間が長いほど疲れやすくなるのも注意したいポイントです

出血量が多くなる

ぬるま湯の中にいると血行が促進されるので
出産するときの出血量が多くなる可能性があります

赤ちゃんの感染リスクがある

妊婦さんが入る水の衛生管理が徹底されていないと、
生まれたときに赤ちゃんが細菌などに感染する可能性もあるんです

そのため、水中出産をするなら衛生環境や分娩設備が整った施設かどうかを確認することが大切です

緊急時の対応が遅くなる

万が一トラブルが発生したとき、
すぐに外科処置を行える分娩台の上での出産とは違い
一度水中から外に出なければならないため対処が遅くなるリスクも

お産では何が起こるかわからないため、
妊娠経過が順調でなければ水中出産をできないと医師が判断することもあります

 

メリット・デメリットのお話をさせていただきましたが
水中出産を含め、最近ではいろいろな出産スタイルが選べる時代です
どんな出産スタイルを選ぶにしても、妊娠経過が順調で母子ともに健康であることが前提です

トラブルが起こるリスクが想定される場合、
自分が希望する分娩方法を選べないことももちろんあります

母子ともに無事にお産を終えることが最も大切なことなので
医師のアドバイスを聞きながら家族とも十分に相談しましょう

天使のたまごでは、妊娠中のお身体のケアはもちろん
出産に向けてのコンディショニング作りのお手伝いをさせていただいています

気になることなどございましたらお気軽のご相談くださいね

以上、元町院より鈴木がお伝えいたしました

LINE

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

新宿杉山産婦人科院
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F
しんきゅうコンパス

神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売