妊娠中のお悩みシリーズ。

本日は逆子についてお話させていただきます

 

そもそも逆子とは?

お腹の中で成長している胎児は、28週以降となると頭が重くなり自然と下の方を向いていきます。
ですが逆子はそれとは逆に、赤ちゃんの頭が上の方に向いている状態のことを言います。

逆子になる原因は?

例えば骨盤が小さかったり胎盤の位置だったり…
双子など多胎妊娠だったり羊水の量の問題だったり…

ただそういった原因がなく逆子になってしまう場合がございます
当院へいらっしゃる方のほとんどが特にそういった問題がなく、
だけれど頭が上に向いていることが多くみられます

その理由は
母体のストレスが関係していると言われております

産休前のお仕事で無理していませんか?
初めての妊娠で不安はないですか?
上の子の育児で休める時間がなくなっていないですか?

お母さんが心身ともに疲れていると赤ちゃんも不安になってしまい逆子になってしまうんですね

もうひとつは
お足元の冷え

赤ちゃんは温かい方が好きなのでお足元が冷えていると
下がどちらかわからなくなってしまって上を向いてしまうのです

この時期は特につらいですね

 

逆子を治すためには

当院では逆子の方には

①リラックスしていただくこと
②冷えを取り除くこと

大きく分けてこちらの2点に重きを置いております

赤ちゃんを回す、のではなく
お母さんのコンディションを整えて
赤ちゃんが回りやすい環境にすることを心がけております

オススメのコースは
漢方アロマセラピーコース

鍼とお灸、アロマに指圧!盛りだくさんのこちらのコースは当院で一番人気となっておりますが、
逆子の方にはアロマオイルマッサージでリラックスいただき、お灸でしっかりとお足元を温めさせていただいております

また、ご自宅でのセルフケアとしてお灸をしていただいております
お灸につきましてはこちらをご覧くださいませ→ホームケア用~煙の出ないカマヤミニ~

その人それぞれで使うツボは変わってまいりますが、
必ずやっていただきたツボが2つございます

本日はそちらを紹介させていただきますね

 

三陰交
内くるぶしのところから4本の指を当てて、骨の際のところ
押すとずーんと響くところになります

三陰交

こちらは子宮に繋がっていると言われており、安産のツボも言われております

至陰
足の小指、爪の外際のところ

至陰

こちらは逆子の灸で有名なツボなのでご存知の方も多いかもしれないですね
至陰のツボは赤ちゃんに下がこっちだよーと教えるツボになり、しっかりと温めていただきたいツボになります

お灸がなくても足回りは冷やさないようにすることが大切ですので
皆さま意識していただけましたら幸いです

 

もし逆子ですよ、と診断された場合は
赤ちゃんが小さい方が回りやすいので早め早めの治療をオススメいたします!

皆さまのご来院を心よりお待ちいたしております

 

LINE

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

【新宿杉山産婦人科院】
東京都新宿区西新宿1-19 山手新宿ビル5F

湘南鎌倉バースクリニック店
神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売