天使のたまごスタッフが妊娠中に起こりやすいトラブルの解説や対処法、産後や女性にまつわるお身体のトラブルなどを書かせていただいております。少しでも、皆さまのお役に立てますように・・・
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • »
  • スムーズに受診~お腹の張りで伝える6つのポイント~

スムーズに受診~お腹の張りで伝える6つのポイント~

お腹の張りシリーズ続いておりますね!危険なお腹の張りや対処法など、さまざまございました

images

さて、実際にお腹が張ってしまって…と診察に受けに行きましたが、先生になにを伝えるといいの?先生に症状を尋ねられたけど覚えてない!ということがあると思いますお腹が張ってお辛いのに1つ1つ思い出して、伝えるのはなかなか難しいですよね

そこで本日はお腹のハリで受診する時にお医者様に伝えるポイントです
電話や受診した時に正確に伝えられるようにしますと、診断がスムーズになりますよ

いつから張っているか
いつから、何日続いて、どのくらいの間隔で、いつもはどのくらいの頻度で張るのか、などです。日頃からチェックをつけておくと確認しやすいですね近頃ではお腹の張りを記録できる便利なアプリもありますよ

出血があるか
ドロドロサラサラ、色や量、形状を伝えましょう。伝えるのが難しい場合は写真を撮っておくのもいいですね。

張り、痛みの感覚
ズキズキ、きゅー、ぴりぴりなどさまざまです。感じたままに伝えましょう

どこが痛むか
下腹部や恥骨、下の足のつけねなどお痛みの出る場所を確認しておきましょう。

いつもの張りとの違い
妊娠中期〜後期は日常生活でも張りやすくなります。その中でいつもは横になると大丈夫なのにいつまでも治らない、頻度が多い、と今までのポイントと比べてみましょう。

破水など他の症状がないか
破水の他にもいつもと違う色のおりものや胎動が少ない、のように一緒に出てきたお身体の変化なども伝えましょう。

こちらのポイント以外でも何か気になる点や不安な点がございましたら、胸の内に秘めずにお医者様に伝えましょう
正確な診断や対処ができるようになります

お腹の張りは、おからだの状態を現す大切なサインです。まずは落ち着いて一つ一つ確認し、早めの処置が大切です

ただし、張るのはないに越したことはありませんので、積極的にお体を休めて予防を心がけましょう

おからだを休めることとリラックスは、天使のたまごの鍼灸マッサージとの相性が抜群です疲れを感じたとき、気持ちを落ち着けたいとき、いつでもいらしてくださいませ

なにかご不明な点がございましたらいつでもお気軽にご相談くださいませ

以上、銀座本院より花田がお送りいたしました

LINE

 

母になる!を支えるマタニティケアの新領域

天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

湘南鎌倉バースクリニック店
神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP