天使のたまごスタッフが妊娠中に起こりやすいトラブルの解説や対処法、産後や女性にまつわるお身体のトラブルなどを書かせていただいております。少しでも、皆さまのお役に立てますように・・・
ブログ

妊娠中の肩こり

天使のたまごにご来院される多くの方が訴えている肩こり
妊娠中からではなく、妊娠される前から気になっている方が多くいらっしゃいます

katakori

主な原因としては、。。。

①血行不良
もっとも多い原因の一つが血行不良です。
体質的に血行が滞りがちな方はもちろんですが、妊娠中に運動不足になり血流が滞りやすい方などは、
お腹から下の下半身を中心に血行不良が起きやすい状態です。
つわりや頭痛など他のさまざまな体調不良が重なって、
体を動かすことが億劫になると、血行不良がより進行しがちです

②ストレスと筋肉の緊張
精神的、あるいは物理的ストレスによって緊張状態になると、
筋肉もそれに応じて凝り固まってしまいます
特に妊娠中も仕事を続けている方は、
緊張状態にさらされて、肩こりが酷くなる可能性があります

③ホルモンバランスの変化
妊娠すると誰もがホルモンバランスに乱れを生じたり、
普段では分泌されないホルモンが大量に分泌されるため、体にも変化があらわれます。
ホルモンは自律神経に影響し肩こりの原因になります

妊娠中の肩こりへの対処法~セルフケア~

肩を回す
首から肩にかけては大きな筋肉がついています。
この部分を使わなければ血流が滞ってしまうので、一日数回でも良いですから肩を回してみましょう。
血行を促して肩こりを楽にすることができます

正しい姿勢を心掛ける
いつもの姿勢のクセで、前かがみ気味になったり、
脚を組むなどしている方は、知らないうちに骨盤を歪ませている場合があるので注意が必要です。
肩こりは、骨盤から背骨の歪みによっても引き起こされます。
妊娠中は背筋を意識的に伸ばすようにし、お腹がつらい場合は前にかがむのではなく、
背もたれに腰掛けるなどして無理のない姿勢を心がけましょうね

セルフケアだけではなかなかスッキリしない
天使のたまごへいつでもいらしてくださいませ。

kannpou
肩こりの症状だけでなく、お身体全体を診させていただきますので
お身体全体が楽になり、痛みは緩和しますよ
妊娠中でも安心して受けられます
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております

本日は、自由が丘院より中村がお送りいたしました

LINE

母になる!を支えるマタニティケアの新領域

天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

湘南鎌倉バースクリニック店
神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGETOP