妊娠中よく耳にする「お腹が張る」という言葉。
張ると言っても、張りの感じ方や場所は個人差があり、妊娠時期によっても異なります!
今回はそのお腹のはりが出てきてしまった際の対処法についてお話いたします

hasika

妊娠初期(0~15週:妊娠2~4ヶ月)

子宮の成長に伴う痛みや違和感がある時期

妊娠初期はまだ子宮が小さいので、お腹の張りを感じる人は少なめです。
妊娠初期に多いのは、下腹部や足の付け根が突っ張るように痛む円靭帯のつれや
子宮の成長に伴うものです
また、便秘下痢での張りと勘違いしてしまう場合も…
ただ、どの痛みでも自分では判断がつきにくいもの
出血があったり、おりものに変化があったりと気になる症状があるときは産院に連絡を

妊娠中期(16~27週:妊娠5~7ヶ月)

張りを感じ始める人が増える時期

妊娠20週以降は子宮がおへそのあたりまで大きくなり、お腹の張りが感じやすい時期。
とくに21週までは切迫早産、流産に気をつけてくださいね
お腹が張るときは無理をせずに、安静にしてあげましょう!
症状が改善しない・間隔の短い張り・強い痛み、出血を伴う際は要注意
流産・早産のリスクが高くなるため、すぐに受診をしてくださいね!

妊娠後期(28~40週:妊娠8~10ヶ月)

ほとんどの人が張りを経験、36週までは無理は禁物

後期になると子宮収縮が活発になり、さらにお腹が張りやすくなります。
胎動や赤ちゃんの頭で子宮口を押されることも張りの原因に
これらは軽い収縮なので、子宮口が開いてしまうことはありませんが、
早産を防ぐためにも36週までは「張ったらすぐに休む」を心掛けてくださいね
37週以降の張りは陣痛に繋がる可能性も…。
張りと痛みが1時間に6回以上、または10分おきにきたら陣痛のはじまりです

なにしろ、お腹が張るなと感じたときは安静にしてあげることが大事です!!
ママが疲れを感じているときはお腹も張りやすくなります…
お腹の張りは赤ちゃんからのママゆっくり休んでのサインです

kannpou

また軽いお腹の張りであれば、鍼灸やアロママッサージでのリラックスタイムを
作ってみるのもとても疲労回復につながります。
何かご不明な点がございましたらいつでもお気軽にご相談ください

以上、銀座本院から永吉がお伝えいたしました

LINE

 

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

ホームページ
オフィシャルFacebook
パソコンからのご予約
スマホからのご予約
【 銀座本院 】
東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】
東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】
神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

【湘南鎌倉バースクリニック店】
神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売