切迫流産と聞くとみなさんとても不安になりますよね…。
しかし、切迫流産は、流産してしまったのではなく、流産する恐れのある状態を意味します。
妊娠が継続している可能性もあるので、兆候や症状、原因とともに対処法も一緒に見ていきましょう

suku-ru

切迫流産とは??

妊娠22週未満で、胎児がまだ子宮に残っているが、流産しかけている状態をいいます。

流産してしまうと妊娠を継続することはできませんが、
切迫流産は流産の一歩手前の段階なので、子宮内で赤ちゃんの心拍が確認できれば妊娠を継続できる可能性があります。

 

流産の原因

①初期(妊娠12週未満)の流産
妊娠初期の流産は、半数以上が受精卵の染色体異常など胎児側の要因によるため、
予防も難しく、安静や薬の服用などでも症状を抑えられないケースもあると言われています。
他にも様々な可能性があり、原因不明の場合もあります。

②後期(妊娠12週~22週)の流産
12週以降の流産の原因は、免疫異常や持病、感染症など治療を行うことで流産を防げることもあります。
子宮のトラブルがある場合でも超音波検査などでこまめに経過を観察していくことが重要です。

 

切迫流産の兆候と症状

切迫流産の兆候・症状には、不正出血下腹部痛などが挙げられます。
妊娠初期に不正出血がみられることもありますが、自己判断せず、病院の先生に相談しましょう
お医者様の指示を守ることで妊娠が継続されるケースも多いのです!

また、子宮筋腫や子宮腺筋症など子宮に持病のある方は、切迫流産になりやすいと言われています

 

切迫流産の治療法と対処法

現状では、切迫流産に対する有力な治療法はないようです。
出血や腹痛の緩和のために抗生剤・止血剤・子宮収縮抑制剤などが処方されることもありますが、
あくまでも症状を緩和するだけで対策や予防にはならないようです。

 

 

IMG_0214

 

妊娠すると、少し体調変化があるだけでも不安になってしまいますよね。
妊娠22週未満に不正出血があったとしても、必ず切迫流産というわけではありません。
また、切迫流産と診断されたからといって妊娠を継続できる可能性もあります!

「とにかく安静に」と言われると、もどかしい気持ちになるかもしれませんが、
少しゆっくりしてねという赤ちゃんからのメッセージだと思い、
自分と赤ちゃんの体を守るためにも、仕事を休んだり、家事はできるだけ旦那さんにやってもらうなど、
あまり無理はしすぎないようにしてくださいね

 

本日は【切迫流産】について、銀座院の山口琴美がお伝えいたしました