妊娠によって、女性は体の変化を様々に生じます
妊娠がきっかけとなり、乾燥肌になってしまったという悩みは多くの妊婦さんが抱えている悩みです…。
今日はこの変化に上手に対応していくために、妊娠中の乾燥肌の原因と対処法についてお話します

妊娠中の乾燥肌の原因

ホルモンの変化

妊娠すると赤ちゃんを育てるために、母体はプロゲステロンエストロゲン
という2種類のホルモンが急激に増加します

プロゲステロンとは 妊娠初期は卵巣から分泌されており、
主に胎盤を作る仕事をしています。

妊娠前は生理前~生理中に多く分泌されているホルモンで生理の時の肌荒れは
このプロゲステロンが大きな原因の1つになっています
そしてこのプロゲステロンの分泌が増える妊娠初期は乾燥肌になりやすくなっています。

妊娠初期は卵巣から分泌されていたプロゲステロンエストロゲン
妊娠9~10週以降に胎盤が完成すると、胎盤からも多量に分泌されるようになります。

このホルモンはなんと39週頃まで上昇を続けます…

②水分・栄養不足

また、妊娠初期のママの体は赤ちゃんのために体中の水分を子宮に集めます
そのため肌へ行き渡る水分量は不足気味になり、乾燥肌が引き起こされてしまいます。
妊娠16週くらいまでは、子宮の羊水は胎盤や卵膜からの分泌からできており
ママの体の水分はどんどん胎盤に送られるのです

そして、水分だけでなくビタミンやミネラルなどの栄養素も
赤ちゃんに優先的に送られるようになり、肌に栄養が行き渡らない事も肌の乾燥の原因になっています

妊娠18週以降、羊水のほとんどは胎児の尿で出来ていると言われています。
その量は28週~32週のピーク時には800ml
それだけの水分を子宮内に維持するために、ママの血液量は妊娠前より40%も増えます
そのため体の水分量が不足しがちになります

妊娠中の乾燥肌の対処法

水分を積極的に摂る

妊娠中に必要とされている1日の水分量は、2リットルといわれています
1日2リットルの水分量は、意識的に摂取しないとなかなか難しい量です…。

中には、血液量の増加からむくみが出てしまい、水分量を減らしてしまう方もいますがこれは逆効果です。

乾燥肌を緩和させるには、肌に水分を運べるだけの水分を体内に用意してあげることが必要不可欠です

②保湿を毎日する

皆さまお肌に合うクリームやオイルはみつかりましたか??
特に妊娠中に起こる妊娠線は一度できてしまうと消えません…

そんなときにキャリネスのボディクリームボディオイルがオススメ
つわりの時期でもご使用いただける無香料のものです
キャリネスボディクリームは保湿力が高く、お肌へ浸透しハリや弾力を与える成分を中心に
バランスよく配合した美容皮膚科医監修のクリームです。

ninshin_jintsu

(詳細は画像クリック)

キャリネスボディクリーム同様
肌へ浸透しハリや弾力を与える成分を中心に美容成分をバランスよく配合した、美容皮膚科医監修のオイルです。

オイル ⇒ ボディクリームの順番で
W使いが保湿力がより高まりオススメです

オイルはベタつく印象がありますが、キャリネスボディオイルは、サラッとした使用感にするためにオイルをジェル化
されているので肌なじみが良く、べたつく心配はございません

monshin_women

(詳細は画像クリック)

また、キャリネスのオンラインからお買い求めいただくと
クリームとオイルのセットのご購入がお得です

キャリネス

(画像クリックでお得な購入画面にとびます)

 

こちらは院内にもテスターがございますので、お気になる方は是非手に取ってお試しください
以上銀座本院から永吉がお伝えいたしました

 

LINE

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

湘南鎌倉バースクリニック店
神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売