マタニティライフで欠かせないのが【母子手帳】【マタニティマーク】、いつ貰えるの?どこでもらえるの?どうして必要なの?をご紹介いたします

母子手帳
正式では母子健康手帳といいます。妊娠中〜出産後、乳幼児期までママと赤ちゃんの記録する手帳です。
妊娠中の経過、乳幼児期の健康診査の記録、予防接種 の記録をするページや、日常生活上の注意、子育て上の注意、妊産婦・乳幼児の栄養の摂取方法、など様々なことが記載されています

母子手帳は妊娠してご自身の住む地域の指定の窓口に妊娠届を提出すると、マタニティマークと一緒にもらうことができます

また、母子手帳を受け取るときに、妊婦健康診査の受診券や補助券を受け取れたり様々な母子保健サービスを案内してもらえますので、12週までに交付してもらうのがおすすめです

thgymr92b0

マタニティマーク
妊婦さんが交通機関などを利用する際に身につけ、周囲が妊産婦さんへの配慮をしやくするものです。

特に妊娠初期はつわりや貧血でお辛い時期ですが、まだお腹も目立たず周りの人に気づいてもらえないため「電車で座れない」「倒れてしまっても相応の処置が取られなかった」などの状況に直面することがあります
そんな妊婦さんのために「赤ちゃんがいますよ」と、利用しやすく周りも配慮しやすい目印として制定されました。

赤ちゃんを守れるのは自分自身です。わかりい辛い妊娠初期の方から、もちろんお腹の大きくなってきたた方もぜひつけていただきたいと思います

マタニティーマークは、自治体初めてのたまごクラブの付録、空港、などなど色々なところでもらえます。
最近は手作りで、自分だけのオリジナルマタニティマークをつけている方もいらっしゃいます
期間限定だからこそ色々なデザインで悩んでしまいますね

IMG_2403

天使のたまごにも

ご来院いただいた方全員に天たま手帳マタニティマークをプレゼントさせていただいております

天たま手帳


天たま手帳は妊娠中〜産後のママへママのための手帳です。週数ごとのマイナートラブルやお悩み解消法、お家でできるケアガイドなどの記載がございますお得にご利用いただけますクーポンもございますので、ぜひ一度ご覧くださいませ(こんなの欲しかった!ママが素敵に過ごすための手帳【天たま手帳】)

S__24059908

 

マタニティマークは天使のたまごオリジナルマタニティマークです。
裏表でデザインが違っていてとても可愛いので、その日の気分やお鞄に合わせてお付けするのもいいですね他ではお取り扱いがないので要チェックです

母子手帳と「天たま手帳」マタニティマークで
より健やかなマタニティライフを過ごしていただけるよう、私たち天使のたまごは女性の皆さんを応援いたしております

以上、銀座院より花田がお送りいたしました

 

ご予約状況やキャンペーン等の情報をお送りします。よろしければ、お友だち追加してください

LINE

母になる!を支えるマタニティケアの新領域
天使のたまご

【 銀座本院 】

東京都中央区銀座1-4-4 銀座105ビル5F
TEL 03-3563-1045
しんきゅうコンパス

【 自由が丘院 】

東京都目黒区自由が丘1-15-11 寺田ビル1F
しんきゅうコンパス

【 横浜元町院 】

神奈川県横浜市中区元町1-13 元町プラザ3F
しんきゅうコンパス

湘南鎌倉バースクリニック店
神奈川県鎌倉市山崎1090-5 湘南鎌倉バースクリニック1F
TEL 0467-48-2030
※アロマセラピーサロンですので、鍼灸施術には対応しておりません。

【 藤原亜季マタニティケアリストスクール 】
妊婦治療・マタニティケアのできる鍼灸師やセラピストの育成スクール
 マタニティ&ベビーのためのドクターズブランド
【 CALINESSE (キャリネス) 】
妊娠線予防に特化した保湿クリームなどを販売